ENERGYeye 2017年8月号 vol.12エナジーアイ vol.12

特集 1

再生可能エネルギーを増やし、守るための戦い 日本版コネクト&マネージとは何だ!!
全国各地至る所の系統が真っ赤か。たとえ億単位の増強負担をしても、つなげるのは10年、15年先。しかも、全国規模で系統の老朽化が進み、その更新費用も馬鹿にならない—。日本の系統はまさにがけっぷちだった。こうした危機を乗り越えようと、「再生可能エネルギーの大量導入時代における政策課題に関する研究会」が提唱したのが、『日本版コネクト&マネージ』だ。 既存系統をとことん使って、つなげて、制御するコネクト&マネージが、危機にひんした系統をどこまで前進させるのか。

特集 2

太陽光発電Re:start “ゲームチェンジ”を乗り切る 21円時代からの「勝ちパターン」
10円/kWh時代に突入し、太陽光発電が世界を再び席巻する中、周回遅れの日本は盛り返すどころか、混迷が続く。ゲームチェンジ(改正FIT法)による淘汰の波。21円からのリスタートに失敗すれば、3年後にもマーケットを失いかねない… 成長軌跡を再び描き、太陽光発電が基幹電源となるためには、21円からその先へ。今こそ日本独自の「勝ちパターン」を再構築する時がやって来た。淘汰に勝つ方法を伝授しよう。
  • 定価:880円
  • 2017年8月10日発売

購読申し込み

目次Table Of Contents

  • Features
    基幹電源を目指し、始まった
    再生可能エネルギーを増やし、守るための戦い
    日本版コネクト&マネージとは何だ!!

    「日本版コネクト&マネージは、大量導入に向けた大胆改革にせよ」/松村敏弘・東京大学教授

    FIP(フィード・イン・プレミアム)に転換する?
    FIT制度改革のゆくえに迫る

  • 《column》FIT価格を実質、減額させる!?
    系統財源に急浮上した“発電側課金”とは?

    「日本版コネクト&マネージが系統制約を解消する」
    /高村ゆかり・名古屋大学大学院教授

    「リソース・アグリゲーション・ビジネスの形成がポストFITにつながる」/松本真由美・東京大学客員准教授

  • 《column》太陽光発電で続く混乱
    事後的な過積載規制の裏で、疲弊するIPP

  • Features 2
    太陽光発電Re:start
    “ゲームチェンジ”を乗り切る
    21円時代からの「勝ちパターン」

    すごい!PV技術
    PCSの頭脳と機能を分離して、発電量も土地効率も大幅アップ
    次世代太陽電池の大本命!?両面発電&1500Vモジュール
    年率7.5%の出力アップ 365Wが日本に上陸

  • Features 3
    世界最速で普及するニッポンのZEH

  •  ZEHが人の命も、国家財政も救う

  • 伊香賀俊治・慶應義塾大学教授