コラム

【Vol.6】2016年“でんき”再発見の旅!

電力自由化から3か月あまり。
気づけば、“でんき”は星の数ほど増え、自分ぴったりの電力選びはますます困難な状態に。
しかも、「もっとおトクなプランが登場するはず」「乗り換え時期は今じゃない」と
尻込みするその気持ち、わかります。
でも、すでに121万世帯が“でんき”の乗り換えを実践しているんです。
121万世帯が選んだ電力プラン、気になりませんか?
さあ、今すぐ2016 年“でんき”再発見の旅に出かけよう。

KDDI

今までなんとなく使っていた電気。
それを毎日スマホで気軽に確認できたら、節電も楽しくなるかもしれません。
すでにそんなアプリが登場していたことを知っていましたか?

 今月の電気代、これくらいに抑えたい』という漠然とした目標はあっても、検針票が届くのは月にたった1度だけ。なんとなく気を付けていても、今どれくらい電気を使ったか、わからないという人は多いはず。

 そんな時代に終わりを告げてくれる、アプリが生まれた。auでんきを提供するKDDIが利用者向けにリリースした「auでんきアプリ」だ。

 電気料金ばかりに注目しがちだが、このアプリ、なかなかの優れもの。

 まずTOP画面は、「シンプルに3つの要素を入れた」(エネルギービジネス企画部の大谷宏サービスグループリーダー)というように、アプリを立ち上げると当日の天気と、前日までの電気料金、当月の料金予測が表示される。

 スマートメーターの設置で電気料金が見られるのは分かるが、予測というのはなかなか目新しいのではないか。もちろん、単純に平均値を日数でかけるわけではない。「独自のアルゴリズムで、個人の電力使用傾向を分析し、複数あるサンプルモデルのなかから当てはめる。使用エリアなども考慮し、auでんきの使用を続けて、データがたまればたまるほど予測の精度も上がる」と大谷氏は話す。

 他にも、電気の使い方に応じた節電アドバイス(6月提供開始予定)をしてくれる機能や、5000円や1万円など、設定した電気料金に近づくと、プッシュ通知でお知らせしてくれる機能などもある。「日々見てもらえるよう、今後も機能を順次拡充していく」(大谷氏)というから、期待は大きい。

大東エナジー

引越しの予定がある人は注目です。
大東建託グループが管理する賃貸住宅に住むと、
電気料金が今より3~5%割引になるそうです。

 大東建託グループで電力供給を手掛ける大東エナジーが、大東建託グループが管理する賃貸住宅の入居者向けに電気を提供する新サービス「いい部屋でんき」を開始する。

 新たに入居申込みをした人が対象だが、10月以降より順次、入居済みユーザからの受付も始める。

 「いい部屋でんき」の供給エリアは沖縄を除く全国9エリア。北海道、東京、中部、関西、中国、四国電力管内では、今より電気代が一律5%OFFに。また東北、北陸、九州の3エリアだと、3%必ず安くなることを保証してくれる。

 電気使用量の多い家庭のみ優遇する料金プランが多いなかで、電気使用量が少ない家庭にも、一定の割引率を設定したのが特徴だ。

 「入居者のなかには、一人暮らしの方も多く、大東建託グループの賃貸住宅にお住いの方の平均的な電気使用量は月に200~300kWhほど。電気使用量が少ない家庭でも、メリットを感じてもらえるような料金プランにした」と大東エナジーの望月寿樹社長はいう。安心して乗り換えてもらえるように、契約年数の縛りがなく、解約違約金も発生しない。

 家賃と電気代をまとめて支払うことができる「おまとめサービス」も便利なポイント。引越しを機に、電力の乗り換えも一度検討してみてはいかがだろう。

ヨシケイ開発

全国50万戸の食卓を応援する夕食宅配サービス最大手のヨシケイ開発が、
電気もお届けするという。家庭に寄り添うヨシケイの電気とは。

 お家ですぐ手作り料理が食べられるよう、夕食食材を提供するヨシケイ開発。ヨシケイがお届けするのは、食材からトレンドレシピまで。全国50万世帯の食卓を応援しているという。

 そんなヨシケイが、「お家のコンシェルジュとして、家庭に寄り添うサービスを提供しよう」(秋山雅弘総合戦略室室長代理)とスタートさせるのが、電気の供給だ。

 「料理と電気は切っても切れないもの」(秋山氏)。宅食ユーザーのどの家庭でも電気を使っている。4100人のスタッフが毎日、食材を届け、食の安全も提供してきたヨシケイだ。今度は電気も届けようと、ミツウロコグループと提携し、ミツウロコグループのオトクな電気を全国7エリア(北海道・北陸・沖縄を除く)で販売するという。

他のコラムOthers

コラム

2016.11.8

【Vol.3】絶品!でんき乗り換え術

CASE 08 SBパワー FITでんきプラン・60A   &

コラム

2016.10.31

【Vol.2】絶品!でんき乗り換え術

CASE 04 Looop おうちプラン    

コラム

2016.10.25

【Vol.1】絶品!でんき乗り換え術

自分ぴったりの電力選びなんて、我が家に関係ない…。 そう思っていませんか? 実

コラム

2016.10.20

【Special Interview】

全国で3%、約188万件が電気を乗り換え、 自由化に胸躍らす中、自由化先進国の欧州に目を移すと

コラム

2016.10.18

【ご当地電力ぐるっと1周/サッカー編】

サッカー×電力の融合へ。 今、サッカークラブの電力参入が相次ぐが、その背景には、

コラム

2016.10.18

元日本代表サッカー選手 鈴木隆行さんと

地域密着の電力会社・水戸電力が、この春に実施した 先行申込み特典「鈴木隆行がご自宅へご契約に伺

コラム

2016.10.6

【Special Interview】

経済産業省の元官僚として、 2000年に始まった大口部門の電力自由化など、 我が国のエネルギ

コラム

2016.10.3

高圧一括受電VS個別乗り換え どっちが

電力自由化が始まり、家庭ごとに電力会社を選べる時代がやってきた。 でも、ちょっと待って。マンシ

コラム

2016.8.22

【Vol.2】乗り換えに関するTHE都

電力会社を乗り換えると停電が増えるー。 巷ではそんな根拠のない都市伝説がはびこっているという。

コラム

2016.8.15

【Vol.1】乗り換えに関するTHE都

電力会社を乗り換えると停電が増えるー。 巷ではそんな根拠のない都市伝説がはびこっているという。