コラム

ZEH 2017年度の補助件数7,693件

2018年度の補助制度から3省連携、ZEH補助は2019年度で終了へ

2017年度のZEH補助件数が7,693件となった。16年度のZEH着工件数は3.4万棟と、まだ新築戸建て件数の8%程度にすぎないが、普及スピードは世界最速だ。

そのZEH補助制度が、18年度から経産省・国交省・環境省の3省連携対応となり、枠組みが変わる。これまで経産省が実施してきたZEH補助政策は環境省に引き継がれ、補助額は70万円に。また実施期間は2年間の継続が決まったが、19年度をもってZEH補助は終了する見込みだ。

また、国交省ではZEHの施工経験が乏しい中小工務店への優遇策を実施する。

一方、経産省は新たに「ZEH +」補助制度をスタートさせる方針だ。住宅用太陽光発電のFIT価格は、18年度26円/kWh(指定電力7エリアは28円)、19年度には24円/kWh(26円)に減額されることが決定済み。しかも、住宅用PVもまたFIT制度の終わりが近づきつつある。

そのためPV搭載量が減少し、ZEH基準達成がより困難になることが予測されている。また、FITなしでもZEHが普及すると土壌を育成しなければならない。

そこで経産省ではZEH +という枠組み作り、さらなる省エネを深掘りする方針だ。

また、「20年までに新築注文戸建て住宅の50%超をZEH化させる」という達成時期が迫りつつある。ところが、16年度、ZEHビルダーが設定した自社目標を達成したのは24%。必達にはZEH率の底上げが欠かせない。ZEHロードマップの見直しも含め、普及拡大策を「ZEHロードマップフォローアップ委員会」が検討中だ。その結果は、17年度末にも公開される。

20年度から淘汰の時代を迎えるZEH。6,300社を超えたZEHビルダーの中で、誰が生き残るのか。18年度から競争は激しさを増す。

 

 

他のコラムOthers

コラム

2018.10.1

読者の皆様へ

休刊のお知らせ    読者の皆様、2018年までの4年間のご愛読あり

コラム

2018.1.22

風力発電が激変 小型風力 2018年度

「FIT制度からの自立化は困難」—— こう名指しされた小型風力(20kW)に、2018年度

コラム

2018.1.19

[Special Interview]

ENERGYeye最新号(2018 Winter・Vol.13)の特集は、「再生可能エネルギーの

コラム

2016.11.8

【Vol.3】絶品!でんき乗り換え術

CASE 08 SBパワー FITでんきプラン・60A   &

コラム

2016.10.31

【Vol.2】絶品!でんき乗り換え術

CASE 04 Looop おうちプラン    

コラム

2016.10.25

【Vol.1】絶品!でんき乗り換え術

自分ぴったりの電力選びなんて、我が家に関係ない…。 そう思っていませんか? 実

コラム

2016.10.20

【Special Interview】

全国で3%、約188万件が電気を乗り換え、 自由化に胸躍らす中、自由化先進国の欧州に目を移すと

コラム

2016.10.18

【ご当地電力ぐるっと1周/サッカー編】

サッカー×電力の融合へ。 今、サッカークラブの電力参入が相次ぐが、その背景には、

コラム

2016.10.18

元日本代表サッカー選手 鈴木隆行さんと

地域密着の電力会社・水戸電力が、この春に実施した 先行申込み特典「鈴木隆行がご自宅へご契約に伺

コラム

2016.10.6

【Special Interview】

経済産業省の元官僚として、 2000年に始まった大口部門の電力自由化など、 我が国のエネルギ